2013年5月12日(日)

11R

2013年5月12日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第8回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 |

レースの攻略アプローチ

騎手・厩舎

近年のG1では珍しい東高西低型のレース

 関東馬が[4.1.1.39]で勝率8.9%、いっぽう関西馬は[3.6.6.65]で勝率3.8%。出走数も上位に来る数も関西馬が圧倒しているが、率としては関東馬の方が上だ。ジョッキーも関東の騎手が[5.2.4.50]、関西の騎手が[2.4.3.52]と美浦勢がリード。また関東の騎手+関東馬という組み合わせが[4.1.1.30]と好調で、関東の騎手+関西馬の[1.1.3.20]、関西の騎手+関東馬の[0.0.0.9]、関西の騎手+関西馬の[2.4.3.43]を上回っている。

年齢・キャリア

若い馬ほど優勢。古豪は買いづらく穴にもなりにくい

 年齢別の成績は、4歳が[5.6.3.53]、5歳が[2.1.2.27]、6歳が[0.0.2.17]、7歳以上が[0.0.0.7]と、年とともに確実に成績が下がっている。6番人気以下の穴サイドだけに絞ると、4歳馬の[1.4.0.40]に対して5歳以上は[0.0.3.42]。穴を狙うとしても4歳馬からが良さそうだ。キャリアで分けると、20戦以下の馬が[6.7.6.71]、21戦以上の馬が[1.0.1.33]。たくさん走っても勝てたのはウオッカだけだった。

血統・生産者

ヘイルトゥリーズン系&社台系の馬が素質を発揮する

 ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[5.6.5.58]で、毎年必ず馬券に絡み、1〜3着独占も3回あった。母の父としてはノーザンダンサー系が[4.3.4.36]と優秀。父・母父がヘイルトゥリーズン系でもノーザンダンサー系でもないという馬はレディアルバローザしか馬券に絡んでいない。また社台ファーム生産馬が[3.1.2.14]、ノーザンファーム生産馬が[2.3.3.15]で、どちらも馬券に絡まなかったという例は一度もない。

前走成績

前走マイル以上の重賞で好走していることが必要

 まず前走が国内だった馬に限ると、前走がJRA重賞だった馬は[5.5.6.90]。このうち前走が6着以下だった馬の[0.3.1.43]に対して5着以内だった馬は[5.2.5.47]だ。さらに「前走1600mの重賞で5着以内」と絞れば[3.0.1.4]で勝率37.5%となり、まずはこれが1着候補となるだろう。前走が海外だった馬は、レッドディザイアが2番人気4着と馬券圏内から消えたものの、ウオッカとブエナビスタが期待に応えて[2.2.0.1]と優秀だ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。