2013年4月27日(土)

11R

2013年4月27日(土) | 2回東京3日 | 15:45発走

第20回テレビ東京杯青葉賞(GII)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

レースの攻略アプローチ

人気とオッズ

軸馬は人気サイド、ヒモには穴も買っておきたいレース

 過去10年、1〜5番人気の成績が[9.5.6.30]に対して6番人気以下は[1.5.4.111]。単勝オッズでいうと、10倍未満の馬が[9.3.6.21]なのに対して10倍以上の馬は[1.7.4.120]。穴サイドで勝ったのは6番人気・14.5倍のウインバリアシオンだけだ。勝つのは人気サイドだが、2着には穴馬が突っ込んでくる可能性もある、というレースだと考えるべきだろう。ただし単勝万馬券の馬は46頭走って一度も馬券に絡んでいない。

生産者と血統

社台系の牧場で生まれた、ヘイルトゥリーズン系種牡馬の子

 ノーザンファーム生産馬が4勝、社台ファーム生産馬が2勝、白老ファーム生産馬と追分ファーム生産馬が各1勝で、社台系牧場のトータル成績は[8.4.4.49]、勝率12.3%と、さすがの数字を誇っている。血統別に見てもヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[10.5.8.80]と、出走数・勝利数とも断然の数字。ヘイルトゥリーズン系(主にサンデーサイレンスの後継種牡馬)を多く抱える社台グループが強さを発揮するレースといえる。

前走の成績

毎日杯か弥生賞で掲示板を確保している馬が軸となる

 前走が毎日杯だった馬が[4.2.3.9]、弥生賞からの臨戦という馬が[3.1.1.2]で、この2レースから進んできた馬たちを中心視したい。いっぽうスプリングS組は[0.1.0.12]で、なぜか苦戦している。前走が未勝利〜500万下だった馬も[1.5.6.89]と、2〜3着止まりに終わることが多いようだ。前走5着以内の馬が[8.8.9.107]、10着以下だと[0.0.0.15]だから、毎日杯か弥生賞で掲示板を確保している馬を軸と考えるのがセオリーだ。

重賞実績

重賞で5着以内に入った実績を重視したい

 過去10年の出走馬171頭のうち、重賞で5着以内に入った経験を持つ馬は43頭で、その青葉賞成績は[7.4.5.27]。いっぽう重賞での入着実績がなかった馬たち128頭の青葉賞成績は[3.6.5.114]。重賞実績がないまま青葉賞を勝った3頭は、前走500万下圧勝のゼンノロブロイ、若葉Sを勝っていたペルーサ、弥生賞6着のフェノーメノで、いずれも青葉賞では1番人気だった。かなりの高素質馬でない限り、重賞実績が必要となる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。