2012年12月9日(日)

11R

2012年12月9日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第64回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

騎手

外国人ジョッキーが意外とふるわず

 関西所属の騎手が[8.6.8.100]、関東所属の騎手が[2.2.1.36]と、前者の方がやや有利。不思議なのは外国人騎手の低調ぶりで、過去10年間[0.2.1.13]と未勝利だ。それ以前にはヤマカツスズランやタムロチェリーが外国人騎手で勝っているものの、もともと有力馬に乗ることが少ない。繊細な2歳牝馬には「この先も乗ってくれる日本人騎手で」という意識が陣営には働くのだろう。それが成績に跳ね返っている模様だ。

継続騎乗

乗り替わりのあった馬は大きなマイナス

 繊細な2歳牝馬に「この先も乗ってくれる騎手で」という意識は、成績にも如実に表れている。前走と同じ騎手が引き続き乗った馬の成績は[10.4.6.77]と、安定しているどころか勝ち馬すべてがこのパターン。逆に前走から乗り替わりがあると[0.6.4.73]と未勝利だ。この乗り替わり組には1番人気3着のサウンドオブハート、3番人気4着のアヴェンチュラ、2番人気9着のダンスファンタジアといった素質馬もいた。

枠順

内よりも外寄りの成績がいい

 1枠〜3枠の成績は[3.5.2.50]でそれほど悪くはないが、6枠〜8枠は[7.3.5.65]と遥かに上を行く。もっとも悪いのは4枠〜5枠で[0.2.3.35]と未勝利だ。ちなみに1枠〜3枠で勝ったのはピースオブワールド、ショウナンパントル、ウオッカと、いずれもズバっと差してきた馬。キャリアの浅い2歳牝馬は、外枠で揉まれずにレースを進めるか、内枠からいったん下げて差してくるのが勝ちパターンとなるようである。

脚質

中団でジックリ脚をためる馬が有利

 4コーナーを5番手以内で回ってきた馬は[0.5.5.48]と未勝利。先行有利の現代競馬では珍しい傾向を示すレースだ。キャリアの浅い2歳牝馬だけに、大舞台では引っ掛かって飛ばし過ぎてしまい、最後にはバテるというパターンが思い浮かぶ。前走で4コーナーを7〜8番手で回ってきた馬の成績は[7.2.0.22]で、勝ち馬の7割がここから出ている。中団からの差しが阪神ジュベナイルフィリーズを制する最良の策といえそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。