2012年12月2日(日)

11R

2012年12月2日(日) | 5回阪神2日 | 15:40発走

第13回ジャパンカップダート(GI)

ダート・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 |

レースの攻略アプローチ

騎手

なぜか地方出身騎手が不調

 武豊が10年間で3勝をマークするなど関西の騎手が[6.6.6.48]と好調。逆に関東の騎手は[1.4.2.41]と2着に甘んじるケースが多い。外国人騎手も[3.0.2.34]と良績を残しているが、不思議なのは地方出身騎手の不振ぶり。この10年間で安藤勝己が7戦、岩田康誠、小牧太、内田博幸が各5戦しているのだが、いずれも未勝利に終わっているのだ。アドマイヤドンやヴァーミリアンに乗りながらこの成績というのは、かなり気になる。

乗り替わり

乗り替わりが許されるのは外国人騎手だけ

 前走とは違う騎手へと乗り替わって勝ったのは3頭だけ。天才デットーリ騎手が渾身の騎乗を見せたイーグルカフェ、コート騎手がまたがったフリートストリートダンサー、そして名手ルメール騎手が復活へと導いたカネヒキリだ。つまり外国人騎手に乗り替わった時だけ。中央の騎手への乗り替わりは、ヴァーミリアンの1番人気3着など冴えない成績に終わっている。乗り慣れた騎手で挑まないと勝利は遠い。

馬体重

馬体重変動の少ない大型馬が有利

 パワーを要するダート戦では大型馬が有利。馬体重が500kgを超える馬の成績は[8.3.4.59]で、勝率は10.8%だ。これに対し500kg未満だと[2.7.6.69]で勝率は2.4%まで下がり、2着や3着にとどまるケースが多い。また前走が海外だったイーグルカフェとフリートストリートダンサーを除くと、前走からの馬体重増減はヴァーミリアンの5kg減、アロンダイトの8kg増が勝ち馬の限界。10kg以上の馬体重変動は不利になると考えていい。

前走成績

よほどの実績馬でない限り前走3着以内が絶対

 外国馬を除いた集計だが、前走が1〜3着だった馬の成績は[8.6.10.47]で勝率11.3%、連対率19.7%、複勝率33.8%。いっぽう前走4着以下だった馬は[1.4.0.64]で勝率1.4%、連対率7.2%、複勝率7.2%と大きな差がある。唯一前走9着から巻き返したのが2008年のカネヒキリだが、もともと2005年のこのレースの勝ち馬であり、長期休養明け初戦の武蔵野S9着を叩いてジャパンカップダートで復活勝利、という臨戦だった。

脚質

あまり後ろから行っても届かない

 近3年はエスポワールシチーとトランセンドが逃げ切り勝ち、フリートストリートダンサーやカネヒキリは好位から勝利をつかみ、後ろから行ったヴァーミリアンやタイムパラドックスも4コーナーでは6〜7番手に押し上げていた。4コーナーで8番手以下にいた馬の成績は[0.4.4.73]で未勝利。ブルーコンコルド、ドラゴンファイヤー、シルクメビウスなど後方待機で人気を裏切った馬も多い。ある程度は前でレースを進めたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。