競馬 - マイルチャンピオンシップ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年11月18日(日)

11R

2012年11月18日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第29回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

レースの攻略アプローチ

生まれ年

今年は3、5、7歳馬の番か

 2001年生まれや2003年生まれなど、奇数年に生まれた馬の成績は過去10年で[9.8.5.85]。逆に2002年や2004年など偶数年に生まれた馬は[1.2.5.62]。唯一の勝ち馬は2002年のトウカイポイントで、以降9年間は連続して「奇数年に生まれた馬」が勝利している。今年は2005年生まれの7歳勢、2007年生まれの5歳勢、2009年生まれの3歳勢に注目してレースを見守りたい。

年齢

高齢馬でも買えるが3歳だけは割引

 過去10年の成績を年齢別にまとめると、4歳馬が[3.5.3.28]、5歳馬が[4.4.3.41]、6歳以上が[3.0.1.46]と、さまざまな年齢からバランスよく勝ち馬が出ている印象。カンパニーが8歳で勝利したように、高齢もハンデとはならない。唯一勝ち馬を出していないのが3歳勢で[0.1.3.33]。過去にはサッカーボーイ、タイキシャトル、アグネスデジタルが3歳で勝利しているが、それくらいの歴史的名馬でなければマイル王の座をつかめない。

キャリア

マイル路線での実績が必要

 3歳馬の成績が冴えないことが響いているせいか、キャリア10戦以下でマイルCSに挑んだ馬の成績は[0.0.1.10]と未勝利。勝ち馬のうちもっともキャリアが少なかったのはデュランダルとハットトリックの11戦だった。また過去10年の勝ち馬のべ10頭はすべて芝1200〜1800mの重賞を勝った経験があり、10頭中9頭には芝1600mの勝ち鞍があった。芝マイル路線で安定したキャリアを積み上げてきた馬であることが望ましい。

前走着順

前走からの連勝濃厚

 前走1着だった馬の成績は[5.3.4.22]で勝率14.7%。直前のレース結果は重要なファクターだ。前走2〜5着だった馬は[2.2.4.57]の勝率3.1%で、ここからの巻き返しは意外と難しくなっている。むしろ前走6〜9着だった馬が[3.5.1.37]、勝率6.5%で狙うならここか。前走10着以下だと[0.0.1.30]なので、大敗直後の馬はバッサリと切り捨ててしまっても問題なさそうだ。

脚質

前に行き過ぎると勝てないレース

 前走4コーナーで先頭に立っていた馬はマイルCSで[0.1.1.11]と過去10年間未勝利。また前走4コーナーで2〜5番手にいた馬は[1.5.2.53]で、勝ったのは前走・天皇賞(秋)を2番手から粘り通したダイワメジャーのみ。マイルCSは逃げ切りや押し切りが難しいレースであるわけだ。道中6〜14番手、中団グループからレースを進めることが求められる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。