IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年11月11日(日)

11R

2012年11月11日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第37回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走

秋華賞上位勢が中心

 過去10年、3歳馬が[6.2.2.46]、4歳が[3.3.5.37]、5歳は[1.4.2.36]、6歳以上は16頭が走って未勝利と、若ければ若いほど有力。中でも前走が秋華賞だった3歳馬は[5.2.2.36]と、ここが中心となりそう。前走が府中牝馬Sだった馬の成績は[0.4.5.54]だから、このグループは2着や3着の候補にとどめておき、古馬を狙うなら別路線組にすべき。天皇賞などで牡馬と戦ってきた馬が有力だ。

所属

関西馬を軸に考えたい

 所属別に見ると、関東馬は[1.1.4.33]で勝ったのはクィーンスプマンテだけ。これに対して関西馬は[7.9.5.92]と圧倒的な存在感を示している。そして外国馬が[2.0.1.8]。スノーフェアリーが勝った過去2年は2着が関西馬で、関東馬のアパパネはいずれも3着にとどまっている。馬券の軸は関西馬からピックアップしたい。

母の父

ヘイルトゥリーズン系とミスタープロスペクター系は割引

 過去10年の勝ち馬8頭を見ると、アドマイヤグルーヴの母父はグレイソヴリン系のトニービン、スノーフェアリーの母父はインリアリティ系のCharnwood Forest、ファインモーションの母父はフェアトライアル系のTroyで、残り4頭の母父はノーザンダンサー系。母父がヘイルトゥリーズン系の馬は[0.2.0.17]、ミスタープロスペクター系だと[0.0.0.14]なので、この2つの血統は割り引いて考えたい。

G1実績

人気を落としたGI好走馬が穴

 単勝オッズ10倍以上で3着以内に入った馬を見ると、レディパステル、アドマイヤグルーヴ、テイエムプリキュア、アパパネはGI勝ちがあった馬。タイガーテイルとフサイチパンドラにはGI2着があり、オースミハルカは1年目こそGI実績がないままの出走だったが、そこで2着と健闘して翌年も2着。リトルアマポーラはオークスで1番人気に推された(7着)ほどの素質馬だ。人気を落としたGI級を穴として狙いたい。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。