IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年10月21日(日)

11R

2012年10月21日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第73回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 |

レースの攻略アプローチ

厩舎と騎手の所属

関西勢が圧倒。関東勢は2着まで

 過去10年間の成績を調教師の所属別に見ると、美浦の[0.2.1.42]に対して栗東は[10.8.9]と関西馬が圧倒的に優勢。またジョッキーも美浦が[1.5.2.36]、栗東が[9.5.7.108]と西高東低の傾向がクッキリと出ている。関東の馬とジョッキーは「2着まで」が妥当だ。

生産者

社台勢が席捲。他の牧場は太刀打ちできず

 過去10年間の連対馬20頭の内訳は、社台ファーム生産馬が3勝・2着1回、ノーザンファーム生産馬が2勝・2着6回、追分ファームが1勝、白老ファームが1勝・2着1回で、社台グループの生産馬が15頭を占める。

父の長距離適性

2400m以上のG1で勝ち負けできるスタミナ

 10年間の勝ち馬10頭の父は、ダンスインザダーク(日本ダービー2着、菊花賞)、エルコンドルパサー(ジャパンCなど)、ホワイトマズル(凱旋門賞2着)、ジャングルポケット(日本ダービー、ジャパンC)、バゴ(凱旋門賞)、ステイゴールド(香港ヴァーズ)と、2400m以上のG1で強い競馬を見せられる長距離適性の持ち主だった。

パートナーとの相性

前走から引き続いてのコンビが好成績

 前走と同騎手だった馬は[9.8.7.96]、乗り替わりのあった馬は[1.2.3.54]。いきなりのテン乗りでは、馬と騎手とのコンビネーションが重要となる長距離戦を勝ち切ることは難しそうだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。