2012年12月23日(日)

10R

2012年12月23日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第57回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

血統

サンデーサイレンス後継種牡馬の産駒を狙え

 2002年と2003年はKris S.産駒のシンボリクリスエスが連覇したが、以後の8年間はサンデーサイレンスの産駒およびその後継種牡馬の産駒が連勝中。この間、サンデーサイレンス系種牡馬の成績が[8.4.6.57]であるのに対し、サンデーサイレンス系以外は[0.4.2.44]と圧倒的な差がついている。有馬記念は「サンデーサイレンスの血が絶対的に強いレース」といっても過言ではないほどの成績の偏りを示しているのだ。

前走の格と着順

前走はGIであることが絶対条件

 前走が国内GIまたは海外G1だった馬は[10.9.8.80]、それ以外だと[0.1.2.34]。1年を締めくくるグランプリは、GIを戦ってきたキャリアがものをいうレースだといえる。前走の着順別に見ると、前走1〜3着馬は[8.6.4.44]、前走6着以下だと[2.3.2.52]。6着以下から巻き返して勝ったのは、天皇賞(秋)6着のドリームジャーニーと天皇賞(秋)15着のマツリダゴッホ。他の路線で負けているようだと上昇は難しそうだ。

騎手

外国人ジョッキーが強い

 騎手の所属別成績は、美浦が[1.1.5.46]、栗東が[4.6.3.47]に対して外国人騎手は[5.3.2.17]。狙うなら断然外国人ジョッキー、関東の騎手は軽視というのがセオリーだろう。また前走から乗り替わりがあった馬は[1.5.5.50]で、勝ったのはジャパンCでのM・ギュイヨンからM・デムーロにチェンジしたヴィクトワールピサだけ。前走と同じ騎手が乗った馬は[9.5.5.64]だから、継続騎乗が勝利への近道だといえる。

性別・年齢

脂の乗った4歳勢が中心

 4歳馬の成績が[6.2.2.22]、勝率18.8%ともっとも良好。次いで3歳馬の[3.4.2.31]となっている。5歳勢は[1.2.3.27]で、勝ったのはドリームジャーニーだけ。6歳以上となると[0.2.3.34]で苦戦を強いられている。牝馬は[1.3.0.11]、連対したのはダイワスカーレットとブエナビスタだけで、1〜2番人気に推されるくらいの有力馬でないと厳しい。

生産者

社台グループが絶好調

 社台ファームやノーザンファームなど、いわゆる社台グループの牧場で生まれた馬の成績が[7.8.9.46]、それ以外は[3.2.1.68]。社台グループ以外の生産馬から出た勝ち馬はシンボリクリスエスとマツリダゴッホだけだ。シンボリクリスエスは皇帝ルドルフを出したシンボリ牧場と実質的には同じ(Takahiro Wada名義)、マツリダゴッホの岡田スタッドからはその後スマートファルコンが出た。実績の少ない牧場の生産馬は軽視したい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。