IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年12月1日(土)

11R

2012年12月1日(土) | 5回中山1日 | 15:25発走

第46回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

芝・右・内2周 3600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

騎手

中山適性と海外で培った技術を重視

 関東の騎手が[6.6.5.78]、外国人ジョッキーが[4.2.2.11]で、過去10年の勝ち馬すべてがこの両者から出ている。対して関西の騎手は[0.2.3.13]。ファストタテヤマが1番人気10着、メイショウカチドキが2番人気11着、ビートブラックが1番人気11着など期待を裏切ることが多く、1〜2番人気に限っても[0.2.1.5]と信用しにくく、最後に勝ったのは1997年・メジロブライトの河内洋までさかのぼらなければならない。

脚質

逃げ馬軽視。差し馬から追込み馬へ流す

 逃げた馬は[0.1.1.8]で過去10年間未勝利。3600mをマイペースで逃げ切ることはかなり難しいようだ。逆に4コーナーで7番手以下にいた馬も[0.4.3.61]で2着がやっとの状態。前走の位置取りを参考にすると、4コーナーで1〜2番手以内にいた馬は[0.0.0.14]、3〜9番手にいた馬が[6.3.4.52]、10番手以下にいた馬が[4.7.5.37]。前を見ながら動ける差し馬から、その後ろにいる追込み馬へ流す馬券がいいのではないだろうか。

種牡馬

長距離への適性をなによりも重視

 勝ち馬の父や母父を見ると、ダンスインザダーク(菊花賞)、マヤノトップガン(菊花賞と天皇賞・春)、サッカーボーイ(自身はマイラーだったが産駒に菊花賞馬と天皇賞馬がいる)、メジロブライト(天皇賞・春)、エルコンドルパサー(凱旋門賞2着)、タイテエム(天皇賞・春)、トニービンやエリシオ(ともに凱旋門賞馬)など、必ず3000m級のGIか凱旋門賞の上位馬がいる。スタミナ血統出身であることが勝利の条件だ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。