IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年11月25日(日)

11R

2012年11月25日(日) | 5回東京8日 | 15:40発走

第32回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:25000、10000、6300、3800、2500万円 |

レースの攻略アプローチ

年齢

4歳と5歳が主力、3歳と6歳以上は割引

 年齢別の成績は、3歳が[1.4.4.28]、4歳が[5.3.3.36]、5歳が[3.2.2.32]、6歳以上が[1.1.1.40]。3歳で勝ったのはローズキングダムで、この時は繰り上がり、1位入線のブエナビスタは4歳だった。タップダンスシチーは6歳で勝利しているが、ドロドロの馬場を利した逃げ切り。こうしたアクシデントや波乱の要素がない限り、主力を務めるのは脂の乗った4歳〜5歳馬だと考えるのが妥当だろう。

前走成績(日本国内)

天皇賞3着〜6着馬の巻き返しに期待

 天皇賞(秋)からの臨戦組は[4.6.6.39]だが、連勝したのはゼンノロブロイだけ。天皇賞2着馬も[0.0.1.5]と冴えず、3着〜6着馬が[3.4.0.9]と最も成績がいい。菊花賞から来た3歳勢は[1.3.1.15]で、勝ったのは繰り上がりのローズキングダムだから、これは2着候補。前走がG2という馬は[2.0.0.19]で、勝ったのは京都大賞典1着のタップダンスシチーとアルゼンチン共和国杯1着のスクリーンヒーローだから前走勝利が絶対だ。

前走成績(海外)

前走着順より距離適性を重視

 日本馬も含め、前走が海外だった馬の成績は[3.1.2.51]。勝ったのは凱旋門賞9着のファルブラヴ、英チャンピオンS5着のアルカセット、凱旋門賞失格のディープインパクト。実はこの3頭、ファルブラヴはミラノ大賞、アルカセットはサンクルー大賞、ディープインパクトは日本ダービーと、いずれも芝2400mのG1で勝っている馬だった。距離適性のある馬が前走の苦戦から巻き返してくる、というイメージだ。

脚質

逃げ切り困難、差しが優勢

 過去10年で逃げ切ったのはタップダンスシチーだけ。4コーナーを先頭で回った馬は必ずといっていいほど潰れている。2〜3番手の好位を走っても2着が精一杯だ。勝ち馬のほとんどが4コーナーでは4〜7番手の中団待機組。前走が海外という馬も多く展開は読みにくいが、少なくとも国内組に限れば「前走4コーナーで5〜10番手」をひとつの目安にしたい。こうした馬は[5.4.5.27]と好調だ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。